ヒーリングオーストラリア♪シドニーでスピリチュアル

オーストラリアのブログ。シドニーでレイキコース、オーラソーマ、シータヒーリング、天然石手作りアクセサリー、クリスタルヒーリング、カラーセラピー等ワークショップを開催♪http://reiki.touch-the-world.com/

2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

前世治療の意味とは?

今日は前世治療のお話~♪
続きを読む前に スピリチュアルという言葉がちまたにあふれるようになり
私達は魂の修行の為に輪廻転生を繰り返している
という事実を受け入れる人たちが増えています。

多分、この現象も偶然ではなく
今それが必要な時期に来ているからなのでしょう。


でもある信用できるクラボイヤントが
テレビや本で前世やオーラについてふれているものが
多数出回っているが中には偽者もいるので
気をつけるようにと言っていました。


サイキックリーディングをしてくれる霊媒さんや
チャネラーの中にも偽者と本物がいるので
それにごまかされてはいけないと。

チャネリングを餌に、お金儲けだけが目的の霊能力者もいるそうです。
自分自身の気づきによって初めてチャネリングが可能なはずなのに
私が簡単にそれをやってあげましょう、
という場合は疑った方がよいらしい。


又、別次元とつながる能力を持っていたとしても
低レベルの霊とつながって
真実でないメッセージを伝える霊媒もいるらしい。

又、正しい情報を得る能力があっても
それを正しく解析して相手に伝える能力のない方もいて
折角の守護霊さんからのメッセージを
間違えて伝えてしまう場合もあるそうな。



その見分け方を質問すると
自分の直感にもう一度問いかけてみなさいと言われました。

まず自分の感情や意識を完全に閉め出して
それが本物か、真実かを自分自身の心だけに問いかける。




さて、話は変わりますが
『前世からのメッセージ』という本があります。

精神科医者で魂の生まれ変わりなど全く信じていなかった
現実的なワイス博士が輪廻転生を信じ
前世治療を開始するようになった理由もかかれていて
精神世界に拒絶反応を起こす人の心ですら開いてくれそうな内容です。

彼の膨大な臨床記録から説明されているので
スピリチュアルな世界を理解する第一歩として
一番すんなり入っていける本だと思うのでお勧めです。



もう一冊、『光の手』という本も同じ理由でお勧めです。
もとNASAの科学者から有名なヒーラーとなった著者が
科学的にオーラやチャクラについて説明しているので
とても説得力があります。

この著者は小さい頃には森の生物にオーラを見たり
精神世界に触れていたのに
成長と共に科学や物理に身を投じる精神世界から離れた生活をし
そして現在は世界でもっとも有名なヒーラーとして
世間にオーラや前世を語り広めている方です。

以前記事に書いたように
私も同じように子供の頃に気づいていた世界から一旦離れて、
精神世界など全く信じない大人になり
そしてあるきっかけがあって、もう一度気づき始めたという点で
この作者と同じ道をたどっているので、
科学的にチャクラやオーラについて説明されているこの本は
まだまだ頭の固い私の頭をほぐすには最適の本でした。


これらの本や本物の霊能者の方にふれた時
必ず感じるのは『愛』

不安や恐れが消えて、必ず心の重荷をおろした様な、
温かいさっぱりとした気持ちになります。
それが本物である一番の証拠。


これら本物のメッセージは、
大事なことは、ただ前世を知ったりオーラの色を見たり、
チャネリングすること自体ではなく
宇宙の本質は愛で、愛を学び光へと上っていく事だと伝えてくれます。

もっとスピリチュアルになれと私達に教えてくれます。

スピリチュアルになるとは、
より多くの時間を自分自身を見つめ、
祈り、宇宙の普遍の愛の意味を考え
瞑想し、自分の中にある答えを見つけようとす事に費やすこと。

例えば自分の前世を知りたいと思ってサイキックリーディングに行っても
例えば守護霊さんが、『この人は知る必要がないから教えるな』と
霊媒に答える事もあるようです。

それでも霊媒の方も、聞き手にせがまれれば答えるでしょうが
その時に必要ではない事を知っても何の意味もないのだと。


私が初めて心霊治療の方に会いに行った時
前世やオーラの色については全く質問はしませんでした。
何故かその質問事項は全く私の頭の中に浮かんでこなかったんです。


その後、こちらが積極的に意図しなくても
その時に自分にとって必要なスピリチュアルな内容、
魂のレベルや守護霊さんや前世の事は
必要な時期に必要な形で自然と伝えられています。



前世を知ることによって
現世でかかえている問題が解決することは
上記の本の臨床記録などから明らかなようです。


でもそれは、自分がなぜ今ここに居るのか?
今回の人生の目的は何か?に気づき
私達は魂の存在で魂は決して死なないという真実を知ることで
心のつっかえがとれるからのようです。。

本物のヒーラーの方に会うと
1時間話をしただけで、自分が生まれ変わったのかと思うほど
とてもすがすがしい気持ちになっているのに気づきます。

シドニーの日本人心霊治療の方に会った時が
私にとってはスピリチュアルな世界への初めての扉でしたが
目の前の問題はまだ解決していないのに
まさにその問題はもう片付いたと確信できる程
自分の中の何か、多分潜在意識にあるものが
明らかに変化したようでした。



よく、貴方には霊感があります!という言い方をするけれど
人間の本質は魂なので、
すべての人が霊的な生き物で霊感を持っているはずです。



ただ人にとって必要な時期という
タイミングも重要なようです。

でもいつか必ず、必要な時期に必要なことに気づけば
どんな方でも今以上の世界が見えるようになると思います。


今は全くそれを感じなくても
ある時突然その力に気づく場合もあるようです。

先にあげた本の著者の方々も全く違う生活をしてきて
ある時からその力に気づいたようです。

今世界でも有名なこういったヒーラーの方が
人生のある時期、スピリチュアルとは極めて対極的な
実質的、物理学的、科学的な生き方をしていて
その方面である程度活躍していたのは偶然ではないと思います。

対極する世界を見た上で宇宙の真実を知る。

そして、大半の人間が信じている科学を極めた人が
対極にある精神世界について真剣に語る時
多くの人の意識を別次元にひっぱっていく
説得力が生まれるんでしょうね。

ふわふわとつかみどころのない話ではなく
慎重で地に足の着いた考え、誠実で謙虚な態度で
私達に宇宙の大いなる力が存在すること
そして私達もその大いなる力と同じ波動で出来ていること
私達自体も宇宙なのだという事を教えてくれるヒーラーの方が
昨今増えているのもおそらく偶然ではなく必然なのでしょうね。

今日のお勧め本は2冊♪


「前世」からのメッセージ PHP文庫 「前世」からのメッセージ PHP文庫
ブライアン・L・ワイス (2004/04/01)
PHP研究所

この商品の詳細を見る

自分自身で前世の自分を見ることで解決できる現世の問題があるという事実、人は輪廻転生して本当の愛を学んでいくという事実がわかりやすく書かれています。
精神科医であるワイス博士の臨床記録を元に書かれているので真実味があり、前世や輪廻転生について知りたい片への最初の本としてお勧めです。

光の手―自己変革への旅〈下〉 光の手―自己変革への旅〈下〉
バーバラ・アン ブレナン (1995/02)
河出書房新社

この商品の詳細を見る


オーラやチャクラについて科学的に解明していて、精神世界を信じない人にも納得しやすい説明をしています。
アメリカでヒーラーの実践書として大ベストセラーになった本ですが、一般の人々には内容が難しすぎるかもしれません。

チャネリングワークショップに参加しよう、ヒーラーとして勉強しよう、と思っている方には、この本1冊あれば充分と言える程の内容です。

オーラを見たり高次元と繋がる為の方法も書かれています。
スポンサーサイト

テーマ:スピリチュアル - ジャンル:心と身体

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

FC2Ad

 

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

プロフィール

タッチザワールド

Author:タッチザワールド
オーストラリアシドニーで今を生きるためのスピリチュアル☆

レイキスクール、オーラソーマ、数秘学、クリスタル天然石の手作りアクセサリーワークショップのTouch the World☆

セッション、クラス、セミナー詳細は http://touch-the-world.comにてご覧下さい♪

海外爆笑子育ての本家ブログ『オーストラリア海外子育てと料理を2倍美味しくするレシピ集』touchshop.exblog.jp/
もやっています♪



HMCA オーラソーマ 今日のボトルのメッセージ



Touch the World

Facebookページも宣伝

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。