ヒーリングオーストラリア♪シドニーでスピリチュアル

オーストラリアのブログ。シドニーでレイキコース、オーラソーマ、シータヒーリング、天然石手作りアクセサリー、クリスタルヒーリング、カラーセラピー等ワークショップを開催♪http://reiki.touch-the-world.com/

2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オーラソーマの科学的アプローチとクレイアート

あけましておめでとうございます。

今日は素敵な会のお知らせと
オーラソーマ(r)カラーケアシステムに関連して
色の科学的アプローチをしてみました。

新年早々うれしい知らせ♪

オーラソーマ®カラーケアシステムの
最終レベルに合格し
カラーセラピーのプラクティショナーから
カラ―ケアコンサルタントの資格へと昇進しました♪

ここまで長い道のりでした。
最初にレベル1の資格をとってから5年近く。

もともとこの世界には
レイキやシータヒーリング、クリスタルヒーリングから入ったので
もう少し楽にすすめるものかと考えてました。

それらは大抵1日のセミナー受講で資格が取れるし
レベルアップに関しても特にテストも厳しいノルマもありませんでした。


ところがオーラソーマはレベルを1上がるごとに
厳しいルールがあり
時間もお金もかなりかかります。

そしてレベル4に至っては
60件のコンサルテーションの記録提出等の他に
最大難関である色に関する10の説問に関する
20000字程度の論文の提出があります。


原稿用紙にしてざっと50枚程度。

シュタイナーやゲーテなど哲学的見地からだけでなく
ニュートン、アインシュタインなど科学的見地からの設問も多く
今回30冊以上の本を読みながら2カ月かけて書いた論文。

しかも提出すればよいのではなく
厳しい審査をうけ、合格ラインに達するまで
何度も書き直しをしなければなりません。

私も一回目の提出では説明の足りない部分があり
それらを修正して2回目の提出での合格となりました。

大学時代から論文だけは得意で成績がよかったのですが
それでもオーラソーマの論文はかなりレベルが高く
本当に大変でした。



ヒーリングの世界でもオーラソーマ®カラーケアシステムの
厳しいシステムは有名で
賛否両論分かれるところです。

確かにこの厳しさにより
オーラソーマの勉強を途中でやめてしまう人も多いのです。

私自身は
レイキやクリスタルヒーリングのように
誰でも気軽にその場で習ってすぐに使え
自由に広めていけるワークには
今の世界に必要な無条件の良さがあると思っています。

堅い事を言わないで、愛のエネルギーをただ感じて
広げていく事は今、本当に必要なことですから。



又、オーラソーマの中心を占める
カラーセラピー的な性質上
日々変化する情報を取り入れ、解剖学的な知識や
科学の知識を常にアップデートさせる必要があるので
オーラソーマのようなワークには
このシステムはやむを得ないのでは?と思っています。

科学と哲学とスピリチュアルという一見相反するものを
無理にではなく自然な流れで感じる事が出来るとき
本当の意味で潜在意識にアクセスできるような気がするからです。





今日はそこで
「色」についての科学的アプローチから
オーラソーマというスピリチュアルな世界を考えてみたいと思います。



さて科学的に「色を見る」動作を説明すると
色は物理的な光の波長に固有の性質ではなく、
見ている人間の視覚によって導かれる感覚という事になります。

もっと解り易く説明すると
人間の目の網膜には色を見分ける細胞があり、
赤、緑、青を感じる3種類に分けられます。

赤を感じる細胞と緑を感じる細胞と
同時に反応すると黄色を感じる事が出来るわけです。

大事な点はここではただ、感じてるだけの段階だということです。


そして最終的に目から入った情報は
脳に送られ脳で色を判断しています。

ここで初めて「赤いイチゴ」として色を見るわけです。

そもそも、イチゴ自体が赤い色を放っているわけではありません。

物体はそのものが色を発しているのではなく、
光の反射と透過によって人間がそれを感じ取ってるものが、
私達が見ている「色」です。


つまり光が物質に当たった時に、
ある波長は吸収され、ある波長は反射して、
この反射した波長が私達の目に情報として入っているわけです。

実際はイチゴは光の中で赤い色だけを反射しているわけではなく、
他の波長の色の光線も少しは反射していますが
最も反射率が高いのが赤で続いて赤の波長に近い橙や黄色ですので、
結果として「赤いもの」として脳で処理されることになります。

どんな物体もそれ自体が色を発しているのなら
まっ暗闇の中でも色は存在するはずですが
実際は闇の中ではピーマンもイチゴもただの黒い塊です。


こうして色の本質に科学的にアプローチしてみると、
色は物理的には波長の反射具合によって
性質を特定することは可能ですが、
私たちが感じ取り、見ている「色」としては、
絶対的な性質を持ち合わせていないことになります。


「色」はある意味、相対的なものなのです。

個人個人が感じているものなのですがら
それぞれの感じ方によって
同じ「赤」でも私とあなたとでは全く違うものを
感じているのかもしれません。


そして色は光であり
光である以上それぞれの色が固有の周波数を持っていますから
それぞれの波動にそれぞれの個人が共鳴したり
共振することによりエネルギーバランスを整えていくという
カラーセラピーの概念も
根拠のあるスピリチュアル的なアプローチだと言えるのではないでしょうか?


色を見て、選んで、触って、感じるという行為は
それぞれの人間の体の中にもともとあるものを
活性化あるいは鎮静化させるために、
外側から色の波動を使って共振共鳴させて
エネルギーバランスをとるプロセスとも言えるのではないかと思います。


本来のヒーリングの目的である
ボディ、マインド、スピリットのすべてのレベルを含めた療法と言えるのではないでしょうか?



なんだか、お堅いお話でしたが
最後にカラーセラピーの一種でもある(と、私が勝手に思っているのですが)
素敵なクレイアートのご紹介。



ポンキッキーズやSMAP×SMAP[BISTRO SMAP]の
キャラクターを作っている
金田みつよさんというクレイアーティストの方が設立された
こねこねランド

子供も大人も楽しめるすばらしい集まりです♪


今回シドニーに一時滞在されていたので
早速、「守護天使ちゃん☆を作る会」に参加。

オーストラリアシドニーヒーリング


これ、一つは私が作ったんです。


こんな風に色にアプローチするのも素敵ですよね。
日本にいる方は是非参加してみてください~。


シドニーでは来週、うちで粘土の会を開いていただきますが
その後、日本に帰国されるそうで残念ですが
オーストラリア在住の方は次の機会に!

今日はこの辺で。




本家ブログ
オーストラリア海外子育てレシピブログへ

レイキコース、オーラソーマ、受講ご希望の方は
タッチザワールド♪スピリチュアルレイキヒーリングへ























スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

FC2Ad

 

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

プロフィール

タッチザワールド

Author:タッチザワールド
オーストラリアシドニーで今を生きるためのスピリチュアル☆

レイキスクール、オーラソーマ、数秘学、クリスタル天然石の手作りアクセサリーワークショップのTouch the World☆

セッション、クラス、セミナー詳細は http://touch-the-world.comにてご覧下さい♪

海外爆笑子育ての本家ブログ『オーストラリア海外子育てと料理を2倍美味しくするレシピ集』touchshop.exblog.jp/
もやっています♪



HMCA オーラソーマ 今日のボトルのメッセージ



Touch the World

Facebookページも宣伝

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。